興信所の調査業務には種類がある

新宿にある興信所

調査業務の種類別の解説

興信所の調査と言っても、何でも依頼があった内容を調査をするわけではありません。
よくテレビドラマや小説やマンガなどで見かける、探偵は様々な依頼を受けて調査、推理することで物語が進んでいきます。
そんな調査の中には、飼い猫を探して欲しいなんて依頼もあったりして、猫に顔を引っ掻かれてしまうといったお約束までありますが、実際の興信所では、依頼を複数の種類に分類しており、そのなかで依頼を受けています。

 

簡単にその調査業務の種類を挙げてみると、浮気調査から、行動調査、行方調査、企業信用調査があります。
業者の中には、身辺警護や盗聴器発見調査といった少し変わった調査を行う興信所もあるのですが、基本的には先に紹介をした4つの調査業務をおこなっていると考えていいでしょう。

 

興信所の基本的な調査業務は、4つからなることがわかりましたが、この4つの調査業務の中でも、依頼件数の多いものと少ないものがあります。

 

もっとも依頼件数が多いもので、浮気調査がきます。
浮気調査では、恋人または夫婦の浮気、不倫の証拠を集める調査です。

 

そして次に多い調査が、行方調査または人探し調査になります。
「友人の行方を探して欲しい」といったテレビ番組などでも度々見ることがある、行方がわからなくなった人を探すための調査です。


ホーム サイトマップ